私たちオレンジナースステーションは「家で過ごしたい。家で過ごさせたい。」を全力でお手伝いします。を理念に日々ご利用者様のご自宅へ訪問しています。

現在、日本では高齢化社会を迎えている一方で自宅で最期を送りたいと思っている方は、約6割にも上ります。

しかし、現状では病院で最期を迎える方が8割。自宅で最期を迎える方は1割強とご家族様・ご本人様が望んでいる最期の迎え方と相反する結果となっております。

千葉県は全国でも在宅での看取り数がトップ5と多く、特に柏市は在宅医療に力を入れております。
私たち、オレンジナースステーションは、「住み慣れた地域」「住み慣れた自宅」でご利用者様の生活の質(QOL)を拡大しその人らしく生活できるよう各専門職で連携を取りながら運営をしております。

ご利用者様・ご家族様が安心して在宅生活を送れるよう、オレンジナースステーション一同まごころ込めて訪問させていただきます。